© 2017デザインポケット京都タワーサンド店 

親子で簡単食品サンプル作り

食品サンプルが自分で作れるって初めて知りました

夫と息子と家族3人で、食品サンプル作りにチャレンジしてみました! 今回参加したのは、大阪に住む親戚のお家へ遊びに行ったのがきっかけです。せっかくここまで来たからには、どこか観光ついでに子どもと一緒に遊べるスポットはないかと探していました!

 

そこでたまたま夫が見つけたのが、食品サンプル制作体験……。「えっ、あのおいしそうな食品サンプルを、自分で作れるの?!」と、結構びっくりしました! しかも、子どもと一緒に参加できるみたい。まだ小学1年生の息子にできるかと心配でしたが、工作好きな息子は「たこ焼き作りたい!」と言って、さっそく張り切っていました。

 

会場に到着してみると、うちのほかにも親子連れがいたので、ひと安心。息子より小さい子もいると思ったら、体験は3歳くらいからできるようです。体験で作れる食品サンプルは、たこ焼きのほかにもパフェやお寿司など、子どもの好きなものがたくさん!

 

図工の時間が大好きな息子は、始まる前からワクワクしている様子で、その様子を見た私達は微笑ましい気持ちに……。早くも連れてきてあげて良かったと感じました。

夏休みの自由研究にするみたいです

たこ焼きの食品サンプル作りが始まると、それまではしゃいでいた息子は一気に集中モードに入って、夢中でたこ焼きに飾りつけしていました。「誰が一番おいそうに作れるか、勝負だ!」と言って、パパも真剣そのもの。工作が得意な息子と違って、不器用な私は人一倍苦労しながら、なんとかたこ焼きの食品サンプルを作り上げました。

 

私の作ったたこ焼きは、ちょっとマヨネーズが多めの仕上がり。初めに説明を聞いたときは、難しくて自分にできるか心配でしたが、親切に教えていただけたおかげで無事に完成できました。みんなで作ったおいしそうなたこ焼きの食品サンプルを見ていたら、本物のたこ焼きが食べたくなってきました!

 

息子はここでの制作体験を、夏休みの自由研究にするみたいです。親子で制作体験をしてからというもの、お店で食品サンプルを見かけると、息子がじーっと観察するようになりました。もしかして、どうやって作るのかを考えているのかな……? とても楽しめたようで、「今度また大阪に行ったら、みんなでお寿司を作ろうね!」と3人で約束しています。