© 2017デザインポケット京都タワーサンド店 

京都で食品サンプルが注目される理由

京都の食文化は多種多様

京都は盆地のため寒暖差が激しく、四季の移ろいがはっきりしています。また良質な水、肥沃な土壌に恵まれているのも特徴です。こうした背景から現在の京都の食文化が生まれました。

 

京都で有名な料理には、まず湯豆腐があります。京都の豆腐は昔から評判が高いですが、それは良質な地下水に恵まれていることが理由です。水は豆腐作りに欠かせないもので、良質な水を使うほどおいしい豆腐ができあがります。豆腐は京都の方たちにとって大変身近な食材です。

 

また、鯖寿司も有名です。京都では古くから、祇園祭や秋祭りといった行事の際に鯖寿司を食べていました。京都は海から遠いため、生の魚に近い塩鯖を使った鯖寿司は、貴重な食べ物でした。鯖の多くは福井県の若狭湾と、京都を結ぶ「鯖街道」を通って運ばれていたと言われています。

 

普茶料理もおすすめです。こちらはうなぎのかば焼きやかまぼこの「もどき料理」が使われた精進料理です。動物性の食品は全く使われておらず、全て野菜や豆腐といった植物性の食材から作られています。寺がお客さんをもてなすために生まれたと言われています。

 

このように、京都は独自の多様な食文化を築いてきました。ほかにも数多くの京都ならではの料理があります。

食品サンプルなら見るだけでどんな食べ物か分かる

京都の食文化はさまざまであるため、一般の方に馴染みのない料理もたくさんあります。飲食店に文字のメニューしかなければ、その料理を知らないお客様は、注文をためらってしまうかもしれません。そんなとき、店頭に食品サンプルが飾ってあれば、すぐにどんな食べ物なのかが分かります。

 

食品サンプルには、さまざまな役割がありますが、そのひとつに、お客さんにメニューの内容を明らかにして安心感を与えることがあります。写真よりも実物に近いサンプルが見られるため、見慣れないメニューでもお客様は安心して注文できるようになるのです。

 

さらに、食品サンプルは目につきやすいことから、追加でほかのメニューを注文するきっかけにもなります。それだけでなく、食品サンプルの置いてあるお店は、置いていないお店に比べてお客さんの再来店率が高いと言われています。

 

食品サンプルは、多様な料理を扱うお店で欠かせないものとなっています。そのクオリティの高さから、昨今ではお店だけでなく個人で購入する方も増えました。食品サンプルに興味がある方や、手作りしてみたいとお考えの方は、ぜひ食品サンプルのお土産が作れる「でざいんぽけっと」へお越しください。