© 2017デザインポケット京都タワーサンド店 

京都名物のあの和菓子を食品サンプルに

京都の和菓子の代表格といえば「生八つ橋」

数々の神社仏閣が集い、日本屈指の観光地として人気のある京都。そんな京都のおみやげとして、非常に多くの方が購入するものといえば、「生八つ橋」でしょう。

 

生八つ橋は、柔らかい生地が三角形に折りたたまれ、中央に餡が詰まった特徴的な形をしている和菓子です。生地にはニッキや抹茶などが練り込まれており、味の種類も豊富にあります。現在ではチョコレートなど一風変わったフレーバーのものも登場しています。国内はもちろん、海外の観光客からも人気です。生八つ橋といえば京都を思い浮かべる方も少なくありません。

 

今では京都名物として知られる生八つ橋ですが、こちらはもともと焼き菓子の「八つ橋」から考案されたものです。八つ橋とは、生八つ橋と同様の生地を焼き上げたお菓子で、硬い食感と少しカーブした長方形が特徴となっています。ところが、1960年代に生八つ橋が登場すると、しだいにこちらの人気が高まるようになりました。

 

そんな生八つ橋は、おいしく食べられるだけでなく、かわいらしい見た目をしていることから、食品サンプルでの人気も高まっています。

「でざいんぽけっと」の生八つ橋食品サンプルはキーホルダーで持ち歩きができる

数ある生八つ橋の食品サンプルの中でも、「でざいんぽけっと」の生八つ橋は、多くの方からおみやげに選ばれている人気商品です。その人気の理由は、キーホルダータイプになっているため、持ち歩きがしやすいこと! また、カバンやお財布などにぴったりなサイズ感も、使いやすさにつながっています。本物の生八つ橋の定番である、ニッキと抹茶と桜の3色があるため、お好みのお味をお選びください。

 

「でざいんぽけっと」は、京都駅前に位置する新たな観光名所KYOTO TOWER SANDO内に店舗を構え、食品サンプルの制作体験と販売を行っております。生八つ橋をはじめとした京都名物の食品サンプルを購入できるのはもちろん、実際に抹茶パフェなどの食品サンプルを制作することも可能です。生八つ橋のキーホルダーは、こちらの店舗でも特に人気の逸品となっています。京都を訪れた際は、ぜひ本物の生八つ橋と合わせて、食品サンプルの生八つ橋もおみやげに選んでみてはいかがでしょうか?